『赦す』のは、相手のためではなく、自分のため。

良い靴が、素敵な明日へ運んでくれる。

靴と歩行の調律家 田村智津子です。

山口県下松市にて、3万人の足をみてきたママさん理学療法士が、足元のおしゃれと健康の両立を本気で応援します!

いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

『赦す』のは、相手のためではなく、自分のため

不平不満は、本来必要な意思表示を放棄してきた結果

『赦す』のは、相手のためではなく、自分のため。

先日、藤岡弘美さんのトークライブを聴いてから

『誰かに言われたとおりにやる』のではなくて

『自分が思うようにやろう!』 と、思えるようになりました。

 

以前の私は、靴の事業が思うように進まず、病院を辞めることも叶わず、家事・育児との両立で多忙を極める生活に対して、ずっと苛立っていました。

『どうして、私ばっかり!?』

 

でも、環境に対する不平不満は、そこに過剰な期待を抱き、依存している証拠だと、気づきました。

 

本来は自分がすべき意思表示を放棄しておいて

『自分はこれだけの犠牲を払っているのだから、見返りが欲しい』

『言わなくても相手に察して、やってほしい』

『でも分かってもらえない』

と、思っているんですね。その方が楽だから。

 

手伝って欲しければ、そう言えばいいし

相手の在り方や発言が腑に落ちなければ、自分なりの答えを探せばいい。

(それを否定されたら、関係性を見直せばいい)

 

自己否定の罠

自信が無くて自分を否定していると、相手に否定されたことの方を真実だと思い込みやすく、相手の言動を丸ごとインストールするようにコントロールされて

『自分の方が間違っているのではないか』

『自分を変えなければいけない』

なんて、思ってしまいやすいんじゃないかな?

 

自分が誰かに否定されたとして、それが何に対するものかを冷静に判断し、真剣に自分のことを考えてくれた上での発言かを、見極めることが大事。

 

大抵は『失敗』という現象に対してだけで、人格への攻撃ではありませんが…

闇雲に人格否定して、思い通りに支配・搾取しようとするジャッジ好きな輩』からは、逃げたほうがいいと思います。

 

逆に、頑張ってもうまくいかないときには、自分だけでなく、周りのことも責めたくなってしまいます。

でも、その具体的な台詞を文字にしてみたら…

(ここには書きませんが)

 

すっごい嫌な奴!

そりゃ、人が集まってくるわけない。

気づいてよかったです。

 

『赦す』のは、相手のためではなく、自分のため。

これって、本当ですね!

 

自分の現状を赦す

病院を辞めていない自分を赦す

巷では、会社を辞めて独立起業することがもてはやされていて、『今すぐ変化しないと負け組』みたいな雰囲気がありますね。

(靴のスクールからも、独立をかなりプッシュされたことがあります)

 

それを鵜呑みにし過ぎるのもまた、どうなのかなあ…?

それすらも、ビジネスにするため?

なんて、勘ぐってしまう。

 

今は、どのようにでも動けるように準備だけしておいて、様子見するのも良いのではないか…と、思っています。

 

収益化できていない自分を赦す

自分に能力が無いとか、サービス自体に価値が無いとかいうわけではなく、本業との兼ね合いで、金銭の授受はありません。

それでも、私には、アウトプットする場が必要です。

 

経済至上主義的な貧相な価値観に対する嫌悪感を覚えながらも、すぐに収益化できないことに対する罪悪感を持ってきましたが、結局、そう感じるのは、自分も経済至上主義に支配されている証拠。

 

今すぐに収益化できないことを赦してないのは自分だけで、周りは誰もそんな風に思っていませんでした。

本当に、ありがたい。

 

『人間としての価値≠お金』ではないですし

『社会的評価≠お金』でも、なくなってきていますよね。

 

お金を否定するのではなく、執着を手放そう。

経済至上主義的で、貧相な価値観を手放そう。

 

これからの時代、メインの仕事の他に、収益化の仕組みを複数構築しておく必要がある。

あるセミナーで、そのように伺いました。

仕事とお金とを結びつけるというのは、もしかしたら、もう古い価値観で、仕事とは別に、お金を動かす仕組みを構築することが必要なんでしょうね。

 

予告:次回は足のことを書きます

起業してから『生き方』『在り方』について考えることが多くて、最近、そのことばかり書いていまいました。

何屋さんなのか分からなくなってしまうので、次回は理学療法士らしい記事を書きます!

乞うご期待!

 

サービスのご案内

現在、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、対面サービス受付を一時停止しております。

メールやZOOMでの個別相談のみとなりますが、どうぞお気軽にお申し付けください。

(病院所属の身で金銭授受を行えないため、すべて無料です)

 

ZOOM個別相談

本業がシフト制につき、不定期の対応とさせていただきます。

お申込み専用フォームにて、受付日時をご確認くださいませ。

個別相談お申し込み専用フォーム

※ご予約は基本的に昼間のみで、1枠1時間程度になります。 
 夜間をご希望の方は、個別にお問い合わせください。

※事前に、ZOOMアプリのインストールをお願いいたします。  

 

お問い合わせ

メールやMessengerでのご相談も、随時受付中!

折り返し、メールにてお返事いたします。

お問い合わせフォーム

Facebookページ

友だち追加

ご登録いただくと、ブログ更新などのお知らせが届きます。

 

無料メールマガジン

ママさん理学療法士が教えます!あなたの靴に魔法をかける方法

靴に関する情報やサービスのご案内を、不定期に配信しております。

ママさん理学療法士が教えます!靴の正しい選び方

全10回の超豪華版!目からウロコの情報が満載です!! 足と靴について、世間ではあまり知られていない秘密の情報をお伝えします。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

Let’s find a happy medium between stylish shoes and comfortable walking! 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です