運動を始めるのに、遅すぎるなんてことはありません!

良い靴が、素敵な明日へ運んでくれる。 

当HPへお越しいただき、誠にありがとうございます。

靴と歩行の調律家 田村智津子です。

山口県下松市にて、3万人の足をみてきたママさん理学療法士が、足元のおしゃれと健康の両立を本気で応援します!

今日は短めですが、よかったら、最後までご覧ください。


職場での嬉しい出来事

以前担当していた患者様と偶然お会いしました

今日、昼休み明けにリハビリ室(急性期・外来用)の前を通りかかったところ…

一人の外来患者様が、午後のリハビリが始まるのを待っておられました。

マスクをしておられたのと、見た目が入院中とは全く違ったのとで、素通りしそうになりましたが、聞き覚えのある声がして引き返すと、以前リハビリ病棟で担当したことのある患者様でした。

 

1年前には曲がらなかった膝の動きが、改善していました

昨年の初めに太ももの骨を骨折され、手術後に膝の曲がりがなかなか改善しなくて苦労した方です。痛いのが苦手で、膝を曲げようとするとガチガチに力が入ってしまうので、90~100度曲げるのが精いっぱいでした。

今年8月に抜釘術(骨に入れていた金属を取り除く手術)をされたところ、120度まで曲がるようになっていました!

通常、関節は日常的に動かしている範囲しか動かせなくなっていくので、最初の手術から長い期間経った状態で改善したのは(決して不可能ではありませんが)凄いことです!

心は体の動きにも影響を与えます。抜釘術をきっかけに、精神的にも良い変化があったのだと思います。

 

運動を始めるのに、タイミングが遅すぎることはない

先ほど、『関節は日常的に動かしている範囲しか動かせなくなっていく』と書きましたが、一度悪くなった関節の動きが二度と改善しないというわけではありません。

関節が完全に固まってしまった場合を除いては、運動療法で、ある程度改善させることはできます。

これは筋トレでも同じで、かなりご高齢の方であっても、トレーニングをすれば筋力をアップさせることはできます。

今、運動から遠ざかっていても、諦めないでいただきたいなと、思います。

『疲れるから歩くのが面倒くさい』『足が痛くなるから歩きたくない』という方は、靴の履き方を見直して、運動を再開するきっかけにしてみませんか?

このブログや個別相談が、その一助になれば、これほど嬉しいことはありません。



サービスのご案内

現在、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、対面サービス受付を一時停止しております。

メールやZOOMでの個別相談のみとなりますが、どうぞお気軽にお申し付けください。

(病院所属の身で金銭授受を行えないため、すべて無料です)


ZOOM個別相談

本業がシフト制につき、不定期の対応とさせていただきます。

お申込み専用フォームにて、受付日時をご確認くださいませ。

個別相談お申し込み専用フォーム

※ご予約は基本的に昼間のみで、1枠1時間程度になります。
 夜間をご希望の方は、個別にお問い合わせください。

※事前に、ZOOMアプリのインストールをお願いいたします。


お問い合わせ

メールやMessengerでのご相談も、随時受付中!

折り返し、メールにてお返事いたします。

お問い合わせフォーム

Facebookページ

友だち追加

ご登録いただくと、ブログ更新などのお知らせが届きます。


無料メールマガジン

ママさん理学療法士が教えます!あなたの靴に魔法をかける方法

靴に関する情報やサービスのご案内を、不定期に配信しております。

ママさん理学療法士が教えます!靴の正しい選び方

全10回の超豪華版!目からウロコの情報が満載です!! 足と靴について、世間ではあまり知られていない秘密の情報をお伝えします。


  どうぞ、よろしくお願いいたします。

Let’s find a happy medium between stylish shoes and comfortable walking! 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です