いざという時の備え、してますか?

良い靴が、素敵な明日へ運んでくれる。

当HPへお越しいただき、誠にありがとうございます。

靴と歩行の調律家 田村智津子です。

山口県下松市にて、3万人の足をみてきたママさん理学療法士が、足元のおしゃれと健康の両立を本気で応援します!

 

久々に黒パンプスを履いてみて

自分のパーソナルカラーがサマータイプだと知ってから、普段のコーディネートには黒いアイテムをほとんど使わなくなった私ですが、昨日は法事で、久しぶりにブラックフォーマルに身を包みました。

 

私は踵が細く、靴から足が抜けやすいので、ファッション性よりも歩きやすさ重視で、ストラップ付きのローヒールパンプスを履いています。神戸屋アカデミーに入る前に買ったもので、ウィズは合っていません。

 

今回、その靴を久しぶりに履くと、痛くはないものの、緩さが気になりました。

長時間履いていたら、右の小指の付け根の関節が(内反小趾なので)痛くなるかもしれない。

 

セラーノの靴紐をいつもしっかりと締めているから、足の状態が変わったんだね…

黒パンプスを試着して、インソールで調整しておけば良かった…

自分のことは、ついつい後回しになりがちですが、いざという時の備えは必要ですね(^^;

 

普段履きではないから急がないけれど、ShoePremoのパンプスへ買い替えようと思いました。

防水仕様の革が黒色だけあるので、雨が降っても安心。いろんなシーンで活躍するはずです。

 

いざというときの備え、してますか?

法事の会場で、スマホをマナーモードに切り替えようと取り出したとき、妹からのLINEメッセージを発見。

一人暮らしをしている実母(60代)の今後について、弟も含め3人で話し合いたいとのこと。

ああ、もうそんなことを考えないといけない歳になったんだなぁ…

 

さっそく今朝、話し合いに行ってきました。

てっきり、母が倒れたり亡くなったりした時の対応についてかと思ったら…

『年金暮らしの母を、きょうだい3人でサポートしていこう』ということに。

 

いずれは、母の身に何かあったときのことを考える時が来ますが、それは宿題として持ち帰ることにして、後半は他愛ない話で盛り上がりました。

お互い家庭を持っていて、きょうだい3人でじっくり話し合う機会が無かったから、楽しかった(^^)

 

皆さんは、将来のことや、いざという時に備えて、対策を考えていらっしゃいますか?

 

サービスのご案内

現在、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、対面サービス受付を一時停止しております。

メールやZOOMでの個別相談のみとなりますが、どうぞお気軽にお申し付けください。

(病院所属の身で金銭授受を行えないため、すべて無料です)

ZOOM個別相談

本業がシフト制につき、不定期の対応とさせていただきます。

基本的に昼間のみ、1時間程度(夜間をご希望の方は、ご相談ください)

事前に、ZOOMアプリのインストールをお願いいたします。

ご予約はこちら

 

無料メールマガジン

ママさん理学療法士が教えます!あなたの靴に魔法をかける方法

ママさん理学療法士が教えます!靴の正しい選び方

 

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Facebookページ

メールやMessengerでのご相談も、随時受付けております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です